レオパレス問題:以前から感じていた疑問

http://urx.nu/AkVN

テレビ東京

以前、とある都市銀行の職員をしていました。

同じフロアにアパマンチームと言って、地主向けに相続税対策、と銘打って収益物件を建てる営業をかける部隊がありました。そのチームが忙しい時は、コンサル資料作成のお手伝いに行っていました。

先祖伝来の田畑を担保に、融資を受けて収益物件を建てる”コンサルティング”をします。大手のハウスメーカー系のものもあれば、コンセプトに特化したタイプのものもありました。レオパレスはそのなかでも単身者向けに、家財の準備の不要な賃貸住宅として浸透していました。

他のメーカーに比べると、レオパレス物件は、簡素なつくり・デザインで『高見えしない(高級感がない)』という点は一貫していた記憶があります。相続税の仮算をすると、建物価値もひどく安い。相続税を圧縮するには非常に効果的と言えるでしょう。

ただ、1億を投じて相続税評価額上2000万円に圧縮するのなら、投資リスクを考慮した場合、いい取引だったのか?と今でも疑問を感じています。もちろん、相続税評価額は、実際の価格とは全く違うのは承知しています。

ただ…長い目で見て、つまり先祖伝来の田畑を守るのに、有効な手立てだったのだろうか?と。宅地並み評価された農地を持つ地主は、相続発生で苦労するのも知っています。ただ、相続税の負担回避を主眼に、大きな借金をして一斉にアパートを建てる、ということが疑問なのです。

 

 


収益不動産投資相談センター

収益不動産投資相談センター

PAGETOP